お困りごと PR

マフラーの毛が付くのを避け、取り除くコツ!マフラーの手入れ方法!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

冬の寒さをしのぎ、ファッションのアクセントとなるマフラーは、多くの方に重宝されています。

ただ、マフラーの毛がコートやスーツ、学生服に付いてしまうと、その除去に手間がかかることも。

このような問題を解消するための、役立つ方法をご紹介します。

マフラーの毛が衣類につかないようにする方法

マフラーの毛が衣類に付く主な原因は静電気です。特に変えられない学生服などでは、注意が必要です。静電気を軽減する方法は以下の通りです。

  1. 静電気防止スプレーを使う
  2. 柔軟剤を少量混ぜた水をスプレーする(なければ水だけでも効果的)
  3. 定期的に洗濯する

静電気防止スプレーは手軽に使え、静電気を防ぐのに便利です。

柔軟剤スプレーと洗濯の効果

柔軟剤に含まれる界面活性剤が静電気を減らす効果があります。柔軟剤を水に混ぜてスプレーすれば、静電気を抑えられます。

また、水だけをスプレーするだけでも静電気を防げます。洗濯は静電気を防ぐだけでなく、マフラーの毛も取り除く効果があります。

マフラーの手洗いの勧め

マフラーの洗濯は、手洗いがおすすめです。これにより、マフラーを傷めることなく、長持ちさせることができます。ただし、洗濯不可のマフラーもあるため、品質表示のタグを確認することが大切です。

毛の付着を抑えるマフラーの選び方と素材

マフラーは繊維製品なので、毛が抜けることは自然な現象ですが、毛の付着を最小限に抑える方法があります。

カシミアは毛の付着が少ないとされる素材です。カシミア製のマフラーは高価で、お手入れに注意が必要ですが、肌触りが良く、長持ちするため、一本持っていると便利です。

一方で、長い毛足を持つマフラーは見た目が魅力的ですが、毛の付着が多い傾向にあります。毛足が短いマフラーを選ぶと、毛の付着は少なくなる傾向にあります。

繊維の電荷の性質によって、毛の付着のしやすさも変わります。

+に帯電しやすい素材と-に帯電しやすい素材があり、同じ種類の電荷を持つ素材同士の組み合わせは静電気が起きにくく、毛の付着も減少します。

  • +に帯電しやすい素材: ナイロン、レーヨン、ウール、カシミア
  • -に帯電しやすい素材: アクリル、ポリエステル、ポリウレタン、アセテート

例えば、ウールのコートとカシミアのマフラーを組み合わせると、帯電しにくいです。

アウターとマフラーの素材を上手に選ぶことで、毛の付着を抑えることができます。

マフラーの毛を簡単に除去する方法

マフラーからの毛が洋服についてしまった際には、いくつかの簡単な除去方法があります。これらをご紹介します。

粘着テープや粘着ローラーの活用

家庭によくあるガムテープや粘着テープを使うと、簡単に毛を取り除くことができます。ただし、粘着力が強すぎると洋服の生地を傷つける可能性があるため、強度が低めのテープが適しています。

また、粘着ローラーは取り扱いが簡単で、粘着力が弱まったら新しいシートに交換して繰り返し使えるので、非常に便利です。

洋服用エチケットブラシの利用

洋服についたマフラーの毛を取る際には、洋服用エチケットブラシも有効です。ブラシで軽くなでるだけで毛を取り除けます。

最近では100円ショップでも入手可能で、持ち運び可能な小型のブラシもありますので、外出時にも便利です。

マフラーの毛がつく原因と対策まとめ

マフラーの毛が洋服に付着する主な原因は静電気です。

静電気防止スプレー、柔軟剤を混ぜた水の使用(または水のみ)、洗濯によって静電気を減少させることが可能です。

さらに、洋服とマフラーの素材の組み合わせ(+や-に帯電する性質)を考慮することで、静電気の発生を抑えられます。

もし毛が付着してしまった場合は、粘着テープや洋服用ブラシを使って簡単に取り除くことができます。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!