お掃除 PR

洗濯機にオキシクリーンを使う際の注意点と代替清掃方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

洗濯機をきれいに保つためにオキシクリーンを使う際は、正しい使い方を知ることが大切です。使いすぎは洗濯機にダメージを与える可能性があります。

この記事では、オキシクリーンを安全に使うコツと、別の掃除方法を紹介します。

オキシクリーンを使った洗濯機の掃除について

洗濯機を掃除する際にオキシクリーンを使用するとき、注意が必要です。この部分では、オキシクリーンが洗濯機に損害を与える可能性と、その予防方法を詳しく解説します。

・オキシクリーンの量を使いすぎる

・糸くずフィルターが詰まることも

・ステンレス部分のコーティングを傷めるリスク

オキシクリーンの使いすぎに注意

オキシクリーンを多量に使うと、十分に溶けず、洗濯機内部の部品を傷つけることがあります。また、泡が多くなりすぎると、洗濯機の排水機能に影響を及ぼすことがありますので、適量を守ることが大切です。

糸くずフィルターの詰まりに要注意

ドラム式洗濯機では、糸くずフィルターにゴミが溜まることがありますが、過度なゴミが原因で詰まることがあります。このため、排水がうまく行かなくなったり、すすぎが繰り返されるトラブルが発生することがあります。

ステンレス部分のコーティングへの影響

オキシクリーンの間違った使い方は、ステンレス部分のコーティングにダメージを与える可能性があります。濃度が強すぎる場合や、長時間浸け置きした場合、変色やくもりの原因になることがあります。使用する際は濃度や時間に気をつけましょう。

オキシクリーンを活用した洗濯機のクリーニング方法

オキシクリーンを使って洗濯機を掃除する手順を、縦型とドラム型の洗濯機ごとに説明します。

縦型洗濯機のクリーニング

  1. 洗濯機の電源を入れ、洗濯槽に高水位までお湯を溜めます。
  2. オキシクリーンを加えます。
  3. 標準または洗濯槽専用コースで運転します。
  4. 排水する直前に一時停止し、30分から6時間放置します。
  5. 表面に浮いたゴミをネットで取り除きます。
  6. 洗濯機をもう一度運転し、必要に応じて途中で停止してゴミを取り除きます。
  7. ゴミが出なくなったら排水して完了です。

この方法では、お湯でオキシクリーンを溶かすことが推奨されます。オキシクリーンの適量は、水4リットルに対してスプーン1杯です。洗濯機のサイズに応じて量を調整し、過剰な使用は避けましょう。

ドラム型洗濯機のクリーニング

  1. オキシクリーンをお湯で溶かした後、洗濯槽に入れます。
  2. 通常の洗浄コースで洗濯機を運転します。
  3. 洗浄が終わったら、糸くずフィルターなどのゴミを取り除きます。

ドラム型洗濯機の場合、手順は縦型よりもシンプルです。重要なのは、オキシクリーンを事前に溶かしておくことで、これにより溶け残りを防げます。オキシクリーンの量は、後から加えられる水の量を考慮して調整してください。

洗濯機の清掃方法:オキシクリーン以外の洗剤

オキシクリーン以外の洗濯機の清掃方法や推奨される洗剤について詳しく説明します。

まず、効率的な洗濯機の掃除手順は以下の通りです。

  1. 洗剤投入ケースやその他のアクセサリー
  2. ドアの裏側やパッキン、洗濯槽の周辺
  3. 洗濯槽自体

この順序で進めると、掃除がスムーズに行えます。それでは、詳細にご案内しましょう。

洗剤投入ケースやアクセサリーの清掃

洗剤投入ケースは、取り外せるものはすべて取り外しましょう。これらの部品が汚れていると、洗濯槽がきれいになっても再び汚れる可能性があります。ゴミ取りネットや乾燥フィルターも同様です。これらのパーツはぬるま湯に浸け、歯ブラシで丁寧に汚れを落としてください。

ドア裏やパッキン、洗濯槽周辺の清掃

ドア裏やパッキンの裏側も同様に清掃する必要があります。ぞうきんや歯ブラシを使って汚れを落としましょう。こびりついた汚れはお湯を使うと落ちやすくなります。

洗濯槽の清掃

洗濯槽の清掃には、専用のクリーナーや衣料用漂白剤であるハイターが推奨されます。特に、塩素系漂白剤のハイターはドラム式洗濯機に適していますが、縦型洗濯機にはワイドハイターが使えます。

ただし、塩素系と酸素系の混合は非常に危険ですので、注意してください。使用方法はシンプルで、お湯を入れた後に洗剤を加え、2〜3時間つけ置きします。

定期的な清掃は、洗濯槽の不快な臭いを防ぐのに効果的です。理想的には月に1回の清掃が推奨されます。「毎月特定の日は洗濯槽清掃日」と決めておくと、忘れずに実行しやすくなります。

洗濯機でオキシクリーンを使用する際のリスクと掃除のヒントまとめ

洗濯機の洗濯槽をオキシクリーンで掃除する際には、機械が故障するリスクが伴います。

オキシクリーンの過剰な使用は、洗濯機内部の損傷、泡立ちの過多による排水問題、糸くずフィルターやドアからの泡の漏れ、洗濯槽のステンレス部分の変色などの問題を引き起こす可能性があります。オキシクリーンは適量を守って使用することが重要です。

洗濯機のタイプによって、掃除方法が異なるため、それぞれの方法をよく理解し、適切に行うようにしましょう。

オキシクリーン以外の選択肢として、衣料用漂白剤を使用することも洗濯槽の掃除に有効です。

洗濯槽の掃除は、定期的に行うことで機能を維持し、清潔を保つことができます。月に1回の掃除を目安にして、適切な方法で取り組むことをお勧めします。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!