お困りごと PR

きつい靴を伸ばす方法!新しいスニーカーの慣らし方とサイズの調整方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

「オンラインで買ったスニーカーが意外に足先が狭くて、ちょっとサイズが小さいかも」

「お店で試着したけど、家で実際に履いてみたら、横幅が思ったよりきついかな?」

新しくスニーカーを買ってから、サイズで困った経験は誰にでもあるはずです。

たしかに最初は少しきつく感じられるものの、履いているうちに足に馴染んでくることもあります。

しかし、足に馴染むまでには時間がかかるもの。早くフィットさせたいなら、シューズストレッチャーを使うのが良いでしょう。

買ったばかりで「これは明らかに小さい」「足の指が痛い」と思ったら、無理をせずに返品や交換をするのが賢明です。

もし返品期限を過ぎてしまったら、買取サービスを利用することも考えてみてください。

この記事では、狭いスニーカーが足に馴染むまでの時間や、サイズを調整する方法、適切なスニーカーの選び方についてご紹介します。

靴、 スニーカーがきつい!慣れるまでの期間と対策方法

新しく購入したお気に入りの靴やスニーカーが締め付けてしまうとがっかりしますよね。

実は、特に新品のスニーカーは最初は締め付けることが多いですが、時間と共に足に馴染み、快適になることがあります。

では、靴やスニーカーが足に馴染むまでの期間はどれくらいなのでしょうか?

  • 毎日履く場合: 2~3日から1週間
  • 週に2~3回履く場合: 10日から最大1ヶ月

靴やスニーカーの素材や履く時間によっても異なりますが、これが一般的な目安です。

例えば、キャンバス素材のスニーカー(コンバースやVANSなど)は、頻繁に履くと柔らかくなりやすいです。

一方で、アディダスのスタンスミスのようなレザーや合成皮革のスニーカーは、キャンバス素材に比べて柔らかくなるまでに時間がかかる傾向があります。

サイズが小さい場合は無理せず返品交換の対応を

朝の試着でちょうど良く感じたものが、足のむくみなどでサイズが合わなくなることもあります。

「慣れるまで我慢」と無理をすると足を痛める可能性もあるため、無理をせず1サイズ大きいものへの交換や返品を考えましょう。

中敷きでサイズ調整

中敷きを取り外すことで、足に合わせたスペースを作ることができます。

これは高さを調整するだけでなく、実は横幅の調整にも役立ちます。

靴やスニーカーがきつい時、家庭でできる広げ方


靴やスニーカーがきつくて足が痛いときは、自宅で簡単にできる靴の拡張方法を試してみましょう。

新聞紙を利用した広げ方

新聞紙をたくさん詰め込むことで、靴を広げることができます。

新聞紙を詰めてしばらく置いておくか、ドライヤーで温めながら行うと、より効果的です。

冷凍方法で靴を広げる

新聞紙が手元にない場合、水を使った拡張方法もあります。

  1. ジップロックに水を入れて密封します。
  2. 密封した袋を靴の中に入れます。
  3. 靴を冷凍庫に入れます(履いたことがある靴は袋に入れてから冷凍庫へ)。
  4. 水が凍るまで待ち、さらに少し時間を置きます。
  5. 袋を取り出します(取り出しにくい場合は、自然解凍するまで待ちます)。

ドライヤーを使用した広げ方

最初に厚手の靴下を2枚履いて、スニーカーに足を入れます(厚手の靴下が1枚しかない場合は1枚でも大丈夫です)。

この状態で、靴を約30秒間均等にドライヤーの温風で温めます(靴が傷まないよう温度に注意)。温めながら足を動かし、数分で靴が少し広がり、足の窮屈感が軽減されます。

靴伸ばし器具シューズストレッチャーを使った広げ方

靴伸ばし器具シューズストレッチャーは、文字通り靴の内側を広げてサイズを調整するのに便利なアイテムです。

多くの靴専門店やスポーツショップで簡単に見つけることができます。

履かないときにこの器具を靴に挿入しておくことで、スニーカーのサイズを少し大きくすることが可能です。

ただし、靴が広がるのを実感するまでには、3日から数日かかることがあります。

外出時には、伸ばしたいスニーカーを履いて、帰宅後には靴伸ばし器具を入れておくと効果的です。

この方法は、少し締め付け感がある程度のスニーカーに適しています。

つま先は狭いがかかとは緩い場合

つま先が締め付ける一方で、かかとが緩い場合は少し困ります。

スニーカーはしっかりと靴紐を結べば問題ないことが多いですが、パンプスなどの場合は中敷きで高さを調整する必要があります。

また、かかとが緩い問題に対応する専用のパッドも市販されています。

靴修理店への持ち込み

地域に靴修理専門店があれば、相談してみるのも良い選択です。

店舗や靴の状態によって異なりますが、一般的には2,000円前後で修理が可能です。

靴、スニーカー選択のコツとアドバイス

新しい靴やスニーカーを購入する際に、サイズが合わず足が痛くなるのは避けたいものです。最適なスニーカーの選び方について解説します。

サイズ選びのポイント – 少し余裕を持って!

スニーカーを選ぶ際には、「足のサイズプラス0.5㎝~1㎝」を目安にすると良いでしょう。

スニーカーは一般的に、革靴などと比べてつま先の空間が狭めに作られていることが多く、底部にクッションが敷かれることもあります。

このため、通常サイズで選ぶと窮屈に感じることがあります。

ブランドやモデルによってサイズ感が異なることもあるため、少し大きめのサイズを選ぶと、より快適にスニーカーを楽しむことができます。

試着は夕方以降がベスト

足のサイズは一日のうちで変動することがあります。

特に夕方になると足のむくみにより、サイズが大きくなることがあります。

そのため、靴やスニーカーの試着は夕方から夜に行うのがおすすめです。

午前中や早い時間帯の試着も構いませんが、むくみを考慮して選ぶことが重要です。

靴下の種類を考慮 する

靴下の厚みも靴選びに影響します。

試着時には、履いている靴下が厚手か薄手かを意識しましょう。

一年中履くスニーカーの場合、夏は薄手、冬は厚手の靴下を履くことが多いため、厚手の靴下を履く可能性を考慮してサイズ選びをすると良いでしょう。

靴やスニーカーがきつい時の調整のコツ まとめ

きつく感じる靴やスニーカーは、毎日履けば約2日から1週間で足に馴染むことが多いです。週に数日しか履かない場合、足に馴染むまでの期間が少し長くなります。

早く足にフィットさせたい場合は、日々の履き込みがおすすめです。通常は1週間程度でサイズが馴染みます。

サイズを早く調整したいときは、ドライヤーやシューズストレッチャーのような道具を使うと効果的です。

ただし、履いてみて「無理だ」と感じた場合は、履き続けずに交換を検討しましょう。

スニーカーは革靴と異なり、通常は小さめに作られています。そのため、購入時には自分の足のサイズよりも0.5~1㎝大きいものを選ぶと、初めから快適に履けます。

小さすぎる靴を履き続けると、外反母趾などの足の健康問題を引き起こす可能性があります。適切なサイズのスニーカーを選ぶことが大切です。

長く履いてしまった靴の返品や交換は難しいので、無理に履かずに買取を考えることをおすすめします。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!