生活 PR

気軽な寒中見舞いはがきの書き方、文例!友達に送る冬のあいさつ!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

友達への寒中見舞いはがき、どんな感じで書けばいいのでしょう?

親しい間柄だけど、文章が堅いと感じることってありますよね。

そんな時は、もっとリラックスして自然に書きたくなるものです。

そこで今回は、友達に向けて気軽で温かみのある寒中見舞いはがきの書き方をご紹介します。

寒中見舞いはがきの目的と構成

寒中見舞いを送る主な理由にはこんなものがあります。

  • 寒い季節の挨拶として
  • 知らずに年賀状をもらった時の喪中の返答
  • 相手が喪中で年賀状を送らなかった時の新年の挨拶
  • 年賀状が遅れてしまった時の挨拶
  • 年賀状の返事が遅れた時の挨拶
  • 受け取った寒中見舞いのお返し

ここでは、寒い時期の挨拶や年賀状へのお礼の文例を特に紹介します。

次に、寒中見舞いの基本的な構成を見てみましょう。

  1. 寒中見舞いの挨拶
  2. 季節の挨拶
  3. 年賀状への感謝
  4. 自分の近況
  5. 今後の関係を願う言葉
  6. 相手の健康を気遣う言葉
  7. 日付

これら全てを入れる必要はありません。送る相手やその時の状況に合わせて、適切な内容を選んで書いてみましょう。

堅苦しくない気取らない文章のコツ

友人への手紙は、自然で気取らない表現を使いたいものですね。

では、どんな文章が堅苦しく感じられるのでしょう?

以下は堅苦しいと感じられる文章の例です。

・「厳寒の折いかがお過ごしでしょうか」

「厳寒の折」とは、寒い季節のことを指します。これは手紙ならではの時候の挨拶であり、文法的には間違っていませんが、少し堅苦しい印象を与えるかもしれません。寒さへの心配を表す際には、「毎日寒いですが」とか「寒い日々ですが」といった表現の方が柔らかい印象になります。

・「皆様のご健勝を心よりお祈りいたします」

「ご健勝」とは、健康であることを意味します。よく使われる表現ですが、やや堅苦しいかもしれません。同じ意味で「どうかお体を大切に」という言い回しも適しています。

・「本年もよろしくご厚誼のほどお願い申し上げます」

「ご厚誼」とは、親しい付き合いのことです。手紙の締めくくりとして一般的ですが、少し堅苦しい印象を与えることがあります。友人宛であれば「本年もよろしくお願いします」という表現がもっと気軽で適切です。

寒中見舞いはがき、友人向けの堅苦しくないリラックスした文例

友人向けの寒中見舞いはがきのリラックスした文例

季節の挨拶として 寒中お見舞い申し上げます

名ばかりの立春が続く寒さの中、お元気ですか?私たち家族は元気に過ごしています。まだ寒さが続きますので、どうぞお体を大切に。

令和○○年 1月

もっとカジュアルな冬の挨拶例:

寒中お見舞い申し上げます

お正月はいかがでしたか?ゆっくりできましたか?寒い日が続きますが、体調には気を付けてくださいね。暖かくなったら、また一緒に旅行しましょう。

令和○○年 1月

遅ればせながらの年賀状へのお礼

年賀状を出していない相手から年賀状を受け取り、松の内が過ぎた後に寒中見舞いを送る際の一例です。

・年賀状への感謝と返事が遅れたことへのお詫びを添えて書きます。

寒中お見舞い申し上げます

年始のご挨拶をいただき、ありがとうございました。 寒い毎日が続いていますが、お元気でしょうか。 どうぞお体を大事になさってください。 今年一年が皆様にとって良い年になることを心から祈っております。

令和○○年 1月

・カジュアルな感じで年賀状へのお礼の一例をご紹介します。

寒中お見舞い申し上げます

年賀のご挨拶、とても嬉しかったです。 お返事が遅れてしまい、申し訳ありません。 これから寒さが厳しくなりますが、くれぐれもお体を大切にしてください。 本年も引き続きよろしくお願いします。

令和○○年 1月

堅苦しくない寒中見舞いの書き方:心を込めた文章まとめ

寒中見舞いは、寒い時期に交わす挨拶の手紙です。年賀状を出さなかった人に、年賀状をもらったお礼としても使われます。

公式的な挨拶として、形式に則った文章が普通ですが、親しい人へは、あまりに堅苦しい言葉遣いは逆に違和感を与えるかもしれません。心からの感謝や想いが伝わるような文面を考えることが重要です。

親しみを感じさせつつ、敬意を示す文章にすることが大事です。事務的で硬い表現を避け、自然体の言葉遣いで心を込めて書きましょう。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!