お困りごと PR

保冷剤の入手先とその代替品について

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

急な保冷剤の必要性に直面したとき、多くの人が思い浮かべるのはいつでも開いているコンビニですよね。

でも、実際のところ、コンビニで保冷剤は手に入るのでしょうか?

この記事では、コンビニでの保冷剤の取り扱い状況を探り、他の購入先や代替品、さらには保冷効果を長持ちさせるコツについてもご紹介します。最後までぜひご覧ください。

コンビニでの保冷剤事情

コンビニは何でも揃う便利な場所ですが、実は保冷剤を購入するには向いていないかもしれません。

ほとんどのコンビニで保冷剤を見つけるのは困難ですが、他にも手に入れる方法はあります。

ここからは、コンビニ以外で保冷剤を購入できる場所をご案内します。

コンビニ以外で見つかる保冷剤の種類と購入先

ドラッグストアでの保冷剤ラインナップ

ドラッグストアでは、一年中保冷剤を扱っており、夏だけでなく他の季節にも必要な方にとっては頼りになる場所です。

ドラッグストアで見つけられる主な保冷剤のタイプは以下の通りです。

・手のひらサイズ

・大型タイプ

スーパーでの保冷剤の選択肢

スーパーでもさまざまな保冷剤を見つけることができます。特に夏には、種類豊富な保冷剤が置かれることが多いです。

スーパーで見つかる冷却剤のタイプは以下の通りです。

・手のひらサイズ

・大型タイプ

バラエティショップの保冷剤バリエーション

バラエティショップでは、キャラクター物や個性的なデザインの保冷剤を多く取り揃えています。特に子供向けのお弁当などに使いやすい商品が豊富です。

バラエティショップで見つかる保冷剤のタイプは以下の通りです。

・手のひらサイズ

ホームセンターで探す保冷剤

ホームセンターでは、主に大容量の冷却を必要とする大型タイプの保冷剤が充実しています。

ホームセンターで見つかる保冷剤のタイプは以下の通りです。

・大型タイプ

100円ショップで見つける冷却剤

100円ショップでは、手頃な価格で手のひらサイズの保冷剤が豊富に揃っています。デザイン性に富んだ商品も多く、特に夏には目立つ場所に展示されることが多いです。

100円ショップで見つかる保冷剤のタイプは以下の通りです。

・手のひらサイズ

スポーツショップでの保冷剤の種類

スポーツショップでは、アイシングに適した冷却剤が豊富です。運動後のクールダウンに最適な商品が揃っています。

スポーツショップで見つかる冷却剤のタイプは以下の通りです。

・手のひらサイズ

・大型タイプ

・アイシング専用タイプ

冷却方法の代案とその活用法

冷凍ペットボトルを活用した冷却方法

保冷剤がすぐに使えないという事情を考慮すると、即座に使える代わりの冷却方法が求められます。

とくに、コンビニ以外に買い物できる場所がない時、保冷剤の代わりになるものがあると便利です。

そのような状況に対応するため、コンビニでも手に入る冷却方法の代案をご紹介します。

まず考えられるのは、冷凍ペットボトルを使用する方法です。

釣りに出かける人の中には、クーラーボックスに冷凍ペットボトルを入れて持っていく人も少なくありません。

中身が溶けても飲料として利用できるので、実用性が高いです。

急に保冷剤が必要になった場合でも、家にペットボトルがあれば、これを冷却剤の代わりとして使うことができます。

ほとんどのコンビニが24時間営業しているので、好みの飲み物を選べるのも魅力的です。

家庭でペットボトルを冷凍する時は、新品のものをそのまま凍らせると破裂することがあるため、蓋を開けてから凍らせると安全です。

氷を利用した冷却方法

次に、氷を冷却剤として使う方法をご紹介します。

氷を直接使うと溶けた水で濡れてしまうので、ビニール袋などに入れて利用すると良いでしょう。

氷はほぼどこでも入手可能で、スーパーなどでは必要に応じて無料で提供されることもあります。

ただし、提供される氷は清潔なものとは限らないので、飲料には使用しないようにしましょう。

冷却状態を長く保つコツ

本物を追求する フォーシーズン
¥1,800 (2024/01/24 10:33時点 | 楽天市場調べ)

冷却状態を保つ:保冷剤の量を増やす

保冷剤の量が多いほど、その冷却効果も長持ちします。

冷却状態を保つ:冷却容器を予め冷やす

冷却剤自体は冷やす機能はありませんが、既に冷たい状態を保つことはできます。

そのため、冷却する容器を事前に冷やしておくと、効果が長持ちします。

冷却状態を保つ:保冷効果のある容器を使用する

保冷効果のある容器、例えば保冷バッグなどを使用すると、冷気が外に逃げるのを防ぎ、冷却効果を持続させることができます。

冷却状態を保つ:直射日光や高温を避ける

周囲の温度が保冷剤の効果に大きく影響するため、可能な限り涼しい場所で保管することが重要です。

コンビニでは保冷剤は手に入らず、代替品が役立つ

コンビニで保冷剤を見つけられない場合でも、上記の代替品を利用することで、冷却を必要とする状況に対応することができます。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!