ペット・動物 PR

マンチカン猫の価格に影響する要因は?足の長さ、年齢、毛色はどう関係する?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マンチカン猫の価格には様々な要因が影響しており、ペットショップやオンラインで調べると、同じマンチカン猫でも価格に差があることが分かります。

例えば、短足のマンチカン猫の価格は約15万円から30万円で、一方、長足のマンチカン猫は約5万円から20万円で販売されています。

この価格差の背景には、短足マンチカンの方が珍しく、出生率が低い(約20%)ため、希少価値が高くなっています。

本記事では、マンチカン猫の価格に足の長さ、年齢、毛色がどのように影響するかについて掘り下げていきます。

マンチカン猫の価格変動の要因

市場におけるマンチカン猫の平均価格は約24万2,983円となっています。価格に影響する主な要因として、年齢、性別、毛色があります。

  • 性別による価格差:
  • メスのマンチカン猫は約25万7,932円で、オスは約22万7,438円です。
  • 毛色による価格差:
  • キャリコは約25万5,010円
    クリーム色は約32万8,159円
    ブラウン色は約24万1,800円
    ブルー色は約23万3,788円
    ホワイト色は約19万8,769円
    レッド色は約22万7,715円

これらの価格差は、短足マンチカンの希少性、仕入れのルート、および店舗の経営方針など様々な要因によって生じます。特に、ペットショップには固定価格が設けられていないため、価格は販売店の方針によって大きく左右されます。

この記事では、これらの要因がマンチカン猫の価格にどのように影響するのか、詳しく説明していきます。

マンチカン猫の成長過程と毛色の多彩さ

マンチカンの体重変化と成長

マンチカン猫の成長段階とそれに伴う体重の増加について解説します。

  • 出生直後の体重は約100グラムです。
  • 生後1週間で、体重は150~200グラムになります。
  • 生後1ヶ月で、400~500グラムへと増加します。
  • 3ヶ月には、1.0~1.5キログラムまで成長します。
  • 1歳になると、体重は3.0~5.0キログラムに達することがあります。

また、マンチカンの月齢を人の年齢に換算すると、以下のように理解できます。

  • 3ヶ月のマンチカンは、人でいう4歳や32歳に相当します。
  • 6ヶ月では、7歳半や36歳に。
  • 1歳では、15歳や40歳相当。
  • 1歳半で19歳半や44歳。
  • 2歳で23歳、3歳で28歳となります。

この年齢換算は、マンチカンの成長を人間の年齢に比べて視覚化しやすくするためです。

マンチカンの毛色の種類と特徴

公認される以前に多種多様な猫種と交配された経緯があるマンチカンは、純血種であっても他の猫種の特徴を受け継いでいます。これにより、マンチカンの毛色は極めて豊富になります。

基本的な単色の毛色としては、レッド、ブルー、ブラウンがあります。さらに、キャリコやトーティのように複数の色が混在する毛色や、タビーのような独特の模様を持つ毛色も見られます。これらの幅広い毛色と模様は、マンチカン猫の魅力を一層引き立てています。

マンチカン猫の価格に影響する要素について

マンチカン猫の価格を決定するにあたり、いくつかの重要な要素が関与しています。これらには、短足マンチカンの珍しさ、店舗ごとの販売価格戦略、仕入れの源泉による差異、そして猫の性別や毛色が大きく関わってきます。

また、月齢に応じた体重の違いも注目されており、生まれたばかりの時点で約100グラムの体重から始まり、1歳に達すると3.0から5.0キログラムまで成長することが一般的です。

人間の年齢で考えると、3ヶ月のマンチカンは4歳児に相当し、6ヶ月で7歳半、9ヶ月では11歳と評価されることから、成長の過程や体重、そしてそれに伴う年齢の違いが理解されます。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!