ペット・動物 PR

マルチーズのお手入れ:頻度、費用、自宅での基本ケア

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マルチーズのお手入れはどの程度頻繁に行うべきでしょうか? 通常、飼い主は定期的に毛を切って整えることが一般的です。

毛が早く成長するため、全体のトリミングはプロに委ねることがよく推奨されます。

それにもかかわらず、グルーミングサービスには思ったよりも費用がかかることがあります。 伸びた毛の基本的なトリミングは自分で行うことで、費用を節約できます。

ただし、自分でのトリミングは怪我のリスクも伴います。 自宅でのお手入れ時には、特に注意が必要です。

この記事では、マルチーズのお手入れの頻度、自宅でのトリミング方法、及び注意点を詳細に説明します。

プロによるトリミングは最も安全ですが、それに伴う費用についても解説します。

マルチーズのお手入れ推奨頻度は月1回

マルチーズの被毛は、その柔らかく、絹のように細長い特性により、ケアが難しいとされています。

フルコートスタイルを保つには、毛玉を防ぐために定期的なブラッシングが必要です。

そのため、周期的なお手入れは欠かせません。毛が伸びたままにすると静電気や毛玉の原因となります。

特に冬期は、毛玉の発生に注意を払う必要があります。

毛が長くなりすぎると毛玉ができやすくなるため、マルチーズには定期的なトリミングが不可欠です。

毎月のトリミングを目安にしましょう!

マルチーズのグルーミング費用、一回2~3時間で最大1万円!

マルチーズを美容室に連れて行く頻度は一般に月1回ですが、料金は店や地域によって異なります。

さて、その料金について詳しく見てみましょう。

一回のグルーミングセッションでは約2~3時間が必要で、その費用はだいたい5000円から10000円の範囲です。

状況に応じて、犬の毛質や特別なケアが必要な場合には追加料金がかかることもあります。敏感肌用の特別なシャンプーが必要な場合や、毛玉除去が必要な場合などがその例です。

体重が重いなどの理由で追加料金が発生する場合もあり、これはサロンによって異なります。

また、子犬や高齢犬の場合には追加料金がかかることがあるので、利用前には確認が必要です。

自宅でマルチーズをケアする場合の頻度

毛が長い犬種であるマルチーズは、見た目の美しさだけでなく、皮膚の健康を維持するためにも定期的なトリミングが必要です。

自宅でのケアも、月に1回の頻度が推奨されています。

自分でケアを行いたいと考える飼い主も多いですが、怪我をしないように注意が必要です。

自宅でのケアにはコツがあり、それを押さえることで、毛が伸びきる前に適切にトリミングすることが可能です。セルフトリミングの要点を理解すれば、基本的なケアも簡単になります。

マルチーズの細くて絡みやすい毛は、カットを始める前にまず毛の流れを整えることが大切です。毛玉がある場合は、スリッカーブラシを使って抜け毛を取り除きます。

脇の下や耳の後ろ、尻尾の根本、内股などの部分には特に注意を払い、これらの部位は毛玉ができやすく摩擦に弱いため、念入りにブラッシングが必要です。

愛犬をトリミング態勢に慣れさせよう

トリミングを始める前に最も重要なのは、ペットが静かにしていられるようにすることです。これを実現するためには、ペットが走り回るのを防ぐ目的で、テーブルなどの高い場所に置くと良いでしょう。

トリミング中、ペットの顔を反対側の手で優しく支え、安定させます。動きを制御するためには、軽く顎を持つと効果的です。

この時、ペットを落ち着かせ、安心させるために穏やかに話しかけてください。静かに待っている行動を促すため、おやつを同じ目線の高さで与えることがポイントです。

目元のトリミング方法

ステップ1

目の周りをトリミングする際は、まず目上の毛から始めます。

目の約1センチ上の毛をコームで引き出し、逆方向へと梳かすことで立たせます。これによりカットしやすくなります。

目にかかる毛を丁寧にカットすることが重要ですが、ハサミが目に触れないよう特に注意してください。

ステップ2

次は、目の横と下の毛をカットします。

このエリアは狭いため、コームを縦に持つと作業しやすいです。トリミング中はペットが動かないよう、常に注意を払ってください。

尻尾周りの清潔さを保つ

尻尾の周りをトリミングすることは、衛生上も重要です。バリカンを使用する際には、皮膚を傷つけないよう、常に水平に保つことが重要です。

ステップ1

トリミング前には、ブラッシングで毛玉を取り除く必要があります。毛玉が残っていると、皮膚の問題を引き起こす可能性があります。

ステップ2

バリカン使用時にペットが座らないようにしましょう。手伝いが必要な場合は、誰かに支えてもらうと良いでしょう。

足裏のトリミング

足裏の毛は、滑りやすくなるため定期的なカットが必要です。特にマルチーズは足の健康を守るために、定期的なケアが必要です。

ステップ1

バリカンは乾燥した毛にのみ使用できます。足裏を清潔に保ち、石や砂を取り除いた後は、しっかり乾かしてください。

ステップ2

肉球の周りにはみ出た毛をカットします。足を裏返し、バリカンで丁寧にトリミングしましょう。バリカンは肉球に対して水平に使用することを忘れずに。

これらの手順に慣れれば、マルチーズのセルフトリミングが自宅で手軽にできるようになります。

マルチーズのケア頻度と費用について【まとめ】

マルチーズの定期的なケア、その頻度やコスト、そして自宅で可能な簡易ケアについて解説しました。

推奨されるマルチーズのトリミング頻度は、1ヶ月に1回です。トリミングサービスの料金は、おおむね5,000円から10,000円で、サロンによっては追加費用がかかる場合もあります。専門家によるトリミングは、仕上がりの品質が保証されています。

自宅でのセルフトリミングに関しては、バリカンを使った部分カットが可能ですが、使い方には注意が必要です。バリカンの音を怖がる犬や、押さえつけられるのを嫌がる犬もいるため、無理にトリミングを続けると怪我の原因になりかねません。ペットが徐々にトリミングに慣れるように、焦らずに進めましょう。

定期的な軽いトリミングを実施することで、ペットを常に清潔に保ち、皮膚の健康を守ることができます。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!