ペット・動物 PR

初心者には難しい?ビーグル飼育の現実

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

活発で愛らしいビーグルは、その性格のために初心者の飼い主にとっては挑戦となることもあります。飼育が簡単とは言えない種類の犬です。

私自身も2歳のビーグルを飼っており、彼らのいたずら好きな性格に毎日対応しています。しかし、適切な訓練によって、これらの犬は家族にとって非常に大切な存在になることができます。

この記事では、ビーグルが飼い主にとってどうして難しいとされるのかを詳しく説明します。

ビーグルが活発な理由

ビーグルは元々ウサギ狩り用の猟犬として使われていました。その結果、彼らは非常に活動的で好奇心旺盛な性格を持ち、声も大きいです。鋭い嗅覚を持つビーグルは、今日では麻薬探知犬としても活躍しています。

狩猟本能から、気に入ったものに対して頑固になることや、いたずらに熱中することがあります。また、ビーグルは群れで生活する習性があり、一人でいることを苦手とします。これが、飼い主の注意を引くために激しく吠えたり、家具に不適切な行動をとったりする原因になることがあります。

留守番が苦手なビーグルは、飼い主が帰宅するまで長時間吠え続けることもあります。これらの特性が、ビーグルの飼育を難しく感じさせる理由です。

ビーグル飼育の実情:思ったより手間がかかる?

冒頭でも触れましたが、ビーグルを飼うのは容易ではなく、根気が必要です。

どの犬も放置すれば問題行動を起こす可能性がありますが、ビーグルは特に忠実で賢いため、適切なしつけが効果的です。食事への関心が高いので、おやつを使った訓練が有効で、早くルールを学ぶことができます。

筆者のビーグル飼育に関する苦労話

*ビーグルの飼育の難しさ

新婚時代に4ヶ月のオスのビーグルを迎えたとき、小型犬の飼育経験があったので大丈夫だと思っていましたが、すぐに状況が変わりました。

このビーグルはよく吠え、噛む癖があり、部屋中を荒らしました。放置すると何時間も吠え続け、私たちの腕を噛むことも。一週間で腕は傷だらけに。

*寂しがり屋のビーグル

共生が難しいと感じ、ビーグルのしつけについて調べました。特に我が家のビーグルは寂しがり屋で、トイレに行くだけで悲しそうに鳴きました。ペットショップからの不安が原因だと気づき、できるだけ多くの時間を愛犬と過ごすことにしました。在宅勤務のおかげで、日中は一緒に過ごし、夜はゲージのそばで寝ました。1ヶ月後には、リビングで落ち着いて過ごせるようになりました。

*ドッグトレーナーの指導

基本的なしつけは自分で行っていましたが、ビーグルの賢さを最大限に引き出すため、ドッグトレーナーに相談しました。自宅での訓練や訓練所への通いで、3ヶ月で興奮することが減りました。しかし、大事なのはドッグトレーナーに頼り切らず、飼い主自身が愛犬との信頼関係を築くことです。

プロのサポートを受けながら、愛犬とじっくりと向き合うことをお勧めします。

ビーグルとの生活:現実はどうなのか?【まとめ】

ビーグルは本当に手がかかる犬種なのでしょうか?飼い方の難しさについて、筆者が自身の経験を踏まえて語りました。

ビーグルは愛情に溢れ、家族にぴったりな性格をしています。愛犬への愛情を持ち続け、信頼関係をより深めていくことが重要です。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!