お出かけ PR

温泉での家族時間:何歳からOK?赤ちゃんと子供との入浴のコツ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

温泉旅行は家族にとって素晴らしい体験となりますが、赤ちゃんや幼児を同伴する際は特に注意が必要です。

日々の忙しさを忘れ、家族で温泉を満喫するのは素敵な休息の方法です。しかし、他の利用者への配慮や子供の健康を考慮する必要があります。

この記事では、赤ちゃんや幼い子供が温泉を安心して利用するための適切な年齢や、大浴場や家族風呂の利用時の注意点をご紹介します。

子供と温泉を安全に楽しむための年齢ガイド

おむつが取れてからが温泉デビューのスタート

通常、子供が温泉を安全に利用するためには、おむつが不要になる時期が適切とされています。赤ちゃんが共有浴場で排泄をしてしまうと、迷惑がかかることがあります。

公共の浴場では、子供がトイレトレーニングを完了していることが望ましいです。多くの人が利用する場所であるため、他人に迷惑をかけないよう心掛けることが重要です。

年齢制限のある施設ではルールを守る

一部の施設では、「3歳以下不可」といった年齢制限が設けられています。施設ごとにルールが異なるので、事前の確認が必要です。

おむつが取れていない幼児を連れての入浴は、時に他の利用者からの不満を招くことがあります。そのため、家族風呂や個室風呂を提供している施設の利用がおすすめです。

家族風呂利用時の年齢に関するヒント

内風呂は赤ちゃんでも大丈夫ですが、時間制限のある貸し切り風呂を利用する場合は、事前確認が肝心です。貸し切り風呂は他の利用者と共有しないため、多くの保護者に選ばれています。

しかし、中には使用後にお湯を入れ替えない貸し切り風呂も存在します。赤ちゃんが風呂で排泄してしまった場合、施設に迷惑をかけないようにスタッフへの報告は欠かせません。

そのため、利用前の情報収集とスタッフへの適切な連絡が大切です。

温泉における赤ちゃんと子供の入浴の適切な年齢と注意点

①温泉での子供の安全と発育への配慮

温泉への家族旅行は楽しいものですが、特に赤ちゃんや子供を連れて行く際には、彼らの発育段階に応じた注意が必要です。

一般的な家庭の浴槽では、生後一ヶ月を過ぎたら親が抱いて入浴させることができます。しかし、温泉の家族風呂の多くは湯舟が深く、赤ちゃんにはリスクが伴います。

温泉での入浴は、首がしっかりと据わった約6ヶ月頃からが適切とされています。さらに、一人で座れるようになれば、親が着替えや体を洗う間、子供を近くに座らせておくことが可能になります。

ただし、複数の幼い子供がいる場合は、彼らが親の指示を理解し守れる年齢まで待つことが安心です

②温泉の衛生状況についての考慮

赤ちゃんや幼児を温泉に連れて行く際は、特に衛生面に注意を払う必要があります。循環式の温泉では、レジオネラ菌などの細菌が繁殖する可能性があり、乳幼児の入浴は特に注意が求められます。

清掃が行き届いていない温泉施設では、感染症のリスクも高まります。そのため、温泉施設の口コミや評判を事前に確認し、清潔な環境の温泉を選ぶことが大切です。乳幼児は大人より抵抗力が弱いため、衛生面で信頼できる温泉施設の選択が重要です。

③温泉の泉質と温度の選択

赤ちゃんや小さな子供を温泉に連れて行く際には、泉質と温度に特に注意が必要です。肌に優しい単純温泉が適しており、酸性度が高い温泉や硫黄の強い香りがする泉質は避けるべきです。

乳幼児に適した温泉の温度は、大人よりもやや低い方が良いでしょう。特に40度以下のぬるめの温泉が推奨されます。高温の温泉は湯あたりの原因になり得るため、温度はしっかりと確認することが重要です。

温泉施設の子供の混浴ルールと年齢制限

家族で温泉を楽しむ際、子供が異性の浴場に入ることに関する年齢制限も重要なポイントです。一般的に、子供の混浴は10歳前後までが目安とされていますが、施設や地域によって異なるため、事前の確認が必須です。

実際、温泉施設によっては、7歳以上や9歳以上の子供の混浴を制限するルールを設けている場合もあります。また、身長に基づいた制限を設ける施設もあるため、それぞれの施設のルールに注意が必要です。

子供と一緒に温泉を楽しむ際は、家族風呂の利用の可否やその他の施設のルールを事前に確認しておくことが望ましいです。これにより、家族全員が安心して温泉を楽しむことができるでしょう。

家族での温泉体験:赤ちゃんと子供向けの便利グッズ

赤ちゃん用の温泉グッズ

赤ちゃんを連れて温泉に行く際、温度が高いお湯は赤ちゃんにとって負担になる可能性があります。そのため、温泉の温度を調整することが大切ですが、お湯を冷ますことは場合によっては好ましくないとされます。

そこで役立つのが、持ち運びが可能な折りたたみ式のベビーバスです。このタイプのベビーバスは移動に便利で、多用途に使用できるため、長期間活用できます。

水分補給用の製品

温泉地では、特に赤ちゃんや幼児は水分をたくさん失いがちです。そこで、水分と必要なイオンを補給できる製品を準備することが推奨されます。例えば、大塚製薬のビーンスタークポカリスエットパウダーなどの水分補給用製品は、赤ちゃんにも安心して使用でき、個別パックで簡単に準備できます。

赤ちゃん連れの温泉宿選びのコツ

赤ちゃん向けの温泉宿~関東編~

「赤ちゃん連れ 伊豆」おすすめホテル3選
伊豆高原 記念日を祝う宿 別邸KURO
他のお客様と接触なし!全2室【プライベート絶景宿】お部屋食&露天風呂付客室、赤ちゃん&子連れ旅も安心/富戸駅より送迎可能(要予約)徒歩20分/東名厚木IC、沼津ICより約90分 電気自動車でお越しの方 充電可能!
コメント数 : 43
★の数(総合): 5.00
ビーチサイド100
★貸切温泉と伊豆の山海の幸が堪能できる宿★ 卓球場・キッズルームが無料♪一棟貸しも可!/伊豆急行「今井浜海岸駅」より徒歩13分(送迎有・要連絡) / 東名沼津ICより136・414・135号線経由約1時間半
コメント数 : 184
★の数(総合): 4.80
別邸 そらのうえ
全4室のみ「記念日を祝う宿 別邸そらのうえ」絶景と源泉掛け流し温泉の露天風呂付客室/南伊東駅より送迎可能(要予約)又はタクシー/東名厚木IC、沼津ICより約70分
コメント数 : 81
★の数(総合): 4.78
楽天ウェブサービスセンター

赤ちゃん連れの家族が関東地方で温泉旅行を考える場合、赤ちゃんに優しい宿選びが大切です。伊豆高原 記念日を祝う宿 別邸KUROのような施設は、赤ちゃん専用の宿泊プランを提供しており、安心して利用できます。ぬるめの温度設定と浅い水深で設計された露天風呂は、赤ちゃんに最適です。

赤ちゃん向け温泉宿~関西編~

「赤ちゃん連れ 有馬温泉」おすすめホテル3選
神戸牛と有馬温泉 天然金泉・銀泉の宿 有馬御苑
【楽天ゴールド&日本の宿アワード受賞】部屋食プラン多数★温泉街すぐ!金銀2種の温泉と神戸牛が自慢♪/神戸電鉄線有馬温泉駅から徒歩2分、阪急バス有馬停より徒歩2分、阪神高速有馬口ICより車3分、中国道西宮北ICより車10分
コメント数 : 1687
★の数(総合): 4.39
ホテルプラザ神戸
世界の料理25種類が楽しめる朝食バイキングを、オーシャンビューレストランからの絶景と一緒にご堪能/六甲ライナー「アイランドセンター駅」徒歩3分/阪神高速5号湾岸線「六甲アイランド北」3分★「ユニバーサルシティ」19分
コメント数 : 3754
★の数(総合): 4.32
チサンイン新潟中央インター
☆全館無料WiFi☆駐車場無料☆インターチェンジ近くに立地しビジネス・レジャーの拠点として便利/JR「新潟駅」より車で16分。北陸自動車道「新潟中央IC」より、新潟スタジアム方面へ右折、1分。新潟市民病院となり 。
コメント数 : 1021
★の数(総合): 4.24
楽天ウェブサービスセンター

関西地方で赤ちゃんや小さな子供連れで温泉を楽しむ際は、神戸牛と有馬温泉 天然金泉・銀泉の宿 有馬御苑がおすすめです。赤ちゃんに配慮した貸切露天風呂やキッズコーナー、低い段差の浴槽など、子供向けの設備が整っています。夕食は部屋食で提供され、リラックスして食事を楽しめるのも魅力の一つです。

まとめ:温泉旅行の準備のポイント

赤ちゃんや子供連れでの温泉旅行には適切な準備が必要ですが、事前に適切なアイテムを用意し、赤ちゃんに優しい施設を選べば、快適な家族旅行が実現します。

赤ちゃん連れの温泉旅行では、特に施設の設備やサービスに注目し、赤ちゃんの安全性と快適性を最優先に考慮することが大切です。適切なグッズを持参し、子供に配慮した施設を選べば、赤ちゃんも含めた家族全員で温泉旅行を楽しむことができるでしょう。このような心構えで準備を行えば、家族での温泉体験はより思い出深いものになります。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!