グルメ PR

マクドナルドで氷なしフロートは注文できる?フロートファン必見の情報満載!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マクドナルドのフロートは、きらめくソーダや少し苦いコーヒーに、とろけるソフトクリームが加わることで愛されているデザートですね。一般的にはドリンクを氷なしで頼むことができますが、フロートでもそれが可能か気になる方も多いでしょう。

実際、ソフトクリームの冷たさだけで充分と考える人もいるかもしれませんが、残念ながらフロートを氷なしで注文することはできません。

この記事では、マクドナルドフロートの持ち帰り方やカロリーに関する情報など、フロートにまつわるさまざまな情報をご紹介します。

フロートに氷なしオプションはない

通常のドリンクとは異なり、マクドナルドのフロートは氷抜きでの注文が受け付けられていません。その理由は、氷がないとソフトクリームがうまく浮かべられないからです。

自分で作る氷なしフロート

氷なしのフロートが飲みたいなら、ドリンクを氷なしで注文し、マクドナルドの「ソフトツイスト」を別に買って、自分でドリンクの上に乗せる方法があります。

この方法ではソフトクリームが沈む可能性がありますが、氷なしフロートを楽しみたい方には試してみる価値があります。

フロートの持ち帰り方法

マクドナルドのフロートは持ち帰りもOK。専用の容器で安全に持ち運べるようにしてくれますので、ソフトクリームが溶ける前にお召し上がりください。

マクドナルドフロートのカロリーは?

マクドナルドフロートには4種類あり、それぞれのカロリーは以下の通りです。

  • コーヒーフロート:113カロリー
  • メロンフロート:205カロリー
  • グレープフロート:205カロリー
  • コーラフロート:195カロリー

メロンソーダとグレープソーダは同じく205カロリーで、コーラはほぼ同じ195カロリーです。カロリーが気になる方には、他のソーダフロートに比べて半分以下のカロリーのコーヒーフロートをおすすめします。

自分だけのマクドナルドフロートの楽しみ方

マクドナルドで、好みのドリンクと「ソフトツイスト」ソフトクリームを個別にオーダーし、ソフトクリームをドリンクにトッピングすることで、コーラやメロンソーダだけでなく、様々なフレーバーでフロートを楽しむ新しい方法があります。

特におすすめは、アイスカフェラテにソフトツイストをのせること。ソフトクリームが溶け出すと、普段のカフェラテよりもさらに濃厚な味わいが楽しめます。また、寒い季節にはホットコーヒーにソフトクリームを加えると、アフォガートのようなデザートドリンクを作ることができます。ソフトクリームが溶け合って、より濃厚なカフェオレに変わるのが醍醐味です。自分好みの組み合わせを探してみてください。

マクドナルドフロートと自作フロート、どっちがコスパがいい?

マクドナルドのフロートをそのまま注文する場合と、ドリンクとソフトクリームを別々に購入してフロートを作る場合、どちらがよりお得なのでしょうか。

マクドナルドのフロートは一律290円で、Mサイズドリンク相当の量があります。「ソフトツイスト」は100円、ソーダ類のMサイズは220円なので、フロートを直接注文するほうが30円ほどお得です。

ただし、別々に注文するとソフトクリームにはコーンがついてきます。この追加のコーンが魅力的か、30円節約する方が良いかは好みによります。しかし、アイスコーヒーの場合はMサイズが150円なので、自分でフロートを作る方が40円も節約できます。

自作フロートの注文時のアドバイス

ソフトクリームをドリンクに乗せる際は、こぼれないように事前にドリンクを少し飲んでおくことが大切です。また、ドリンクと一緒にハンバーガーなどを注文すると、ソフトクリームが先に提供され、ドリンクを待っている間に溶け始めてしまうことがあるので注意しましょう。

マクドナルドのフロートを氷なしで楽しむ方法【まとめ】

マクドナルドのフロートがいかに魅力的かをお伝えしました。ハンバーガーやフライドポテトとの組み合わせは、その美味しさをより一層引き立てます。

特に、ポテトの塩加減とフロートの甘みが組み合わさると、食べるのをやめられなくなりますね。

フロートシリーズだけでなく、自分の好きなドリンクに「ソフトツイスト」を加えて、オリジナルのフロートを作る楽しみもあります。

フロート愛好者だけでなく、まだマクドナルドのフロートを試したことがない人も、この機会に是非挑戦してみることをお勧めします。

フロートの豊かな味わいに、あなたもきっと魅了されるでしょう。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!