お料理 PR

ためしてガッテン栗をおいしく茹でる方法と便利なコツ:生の栗と茹ですぎた栗の対処法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

大量の栗を扱うのはなかなか大変ですね。茹でる前に栗の皮を剥くよりも、茹でた後の方が作業がしやすいですよ。

今回の記事では、栗を上手に茹でる方法や皮を剥くコツ、電子レンジを使った調理法、生の栗の茹で方、そして茹ですぎた場合の対応について詳しくご紹介します。

栗を美味しく茹でて皮を剥くポイント

栗はただ茹でるだけでも美味しいですが、栗ご飯や渋皮煮、マロングラッセなど様々な料理に活用できます。栗は栄養豊富で、サツマイモなど他のイモ類に比べてエネルギーの吸収が速いんです。

また、善玉菌を促進する食物繊維や細胞活性に役立つ葉酸、ビタミンC、高血圧やむくみに効果的なカリウムも含まれています。

栗を茹でて皮を剥くのは手間がかかる作業ですが、土鍋や圧力鍋を使った効率的な方法もあります。

土鍋での栗の蒸し方

  1. 栗の先端に十字の切り込みを入れる。
  2. 土鍋に蒸皿をセットし、水を入れて火にかける。
  3. 湯気が出たら栗を入れ、蓋をして1分間沸騰させた後、火を止める。
  4. 10分蒸らした後、再び火をつけて中火で50~60分蒸す。

土鍋での蒸し方は、茹でるよりも栗の食感や甘みを引き出す効果があります。ただし、皮を剥くのには時間がかかるため、急ぐ場合には向いていないかもしれません。

圧力鍋を使った栗の茹で方

  1. 栗の先を十字に切り込む。
  2. 圧力鍋に栗を入れ、水を栗が覆われる量まで注ぐ。
  3. 圧力鍋のフタをして、加熱する。
  4. 圧力がかかり始めたら10分間加熱し、その後火を止める。
  5. 圧力が下がるまで待機する。

圧力鍋での調理法では、土鍋に比べて甘みはやや劣るものの、皮剥きが容易になります。甘みと手軽さを両立させたい場合、茹でる前に冷蔵庫で一晩寝かせることをおすすめします。これにより、栗内のアミラーゼが時間をかけてデンプンを糖に変え、甘さを増します。そのため、調理の数日前には冷蔵庫で寝かせておくとよいでしょう。

他におすすめの栗の茹で方と剥き方

他にも、簡単で効果的な栗の茹で方や剥き方を紹介します。

熱湯を利用した方法

  1. 栗を半日ほど水に浸けておく。
  2. 鍋に栗と水を入れて沸騰させる。
  3. 沸騰後、5分程度待つ。
  4. 熱湯から栗を取り出し、鬼皮を引っ張りながら剥く。
  5. 鬼皮を剥いた栗を再び熱湯に戻す。
  6. 渋皮が柔らかくなれば、渋皮を剥く。
  7. きれいに剥いた栗を水に浸けてアクを抜く。

最初にたっぷりの水に浸すことで、虫の除去もできます。栗を熱湯に浸すと鬼皮が柔らかくなり、皮剥きがしやすくなります。皮剥きの際はやけどを防ぐために軍手を着用すると安全です。

栗の冷凍保存法

  1. 栗を半日程度水に浸けておき、その後よく洗う。
  2. 水分を拭き取り、ジップロックや保存袋に入れて空気を抜いてから冷凍庫に入れる。
  3. 調理時は、沸騰したお湯に凍ったままの栗を入れ、ラップをして5分程度待つ。
  4. 栗を取り出し、鬼皮を剥く。
  5. 剥いた栗を再びお湯に戻し、渋皮が柔らかくなるまで待つ。
  6. 渋皮を剥き、アク抜きのために水に浸ける。

冷凍することで、栗の鬼皮が柔らかくなり、渋皮も剥きやすくなります。栗は約3週間の冷凍保存が可能で、時間がある時に準備しておくと便利です。

少量の栗をレンジで茹でる方法

  1. 栗を洗い、固い先端部分の皮だけ剥く(切り込みを入れる)。
  2. 蒸し用の容器に栗を入れ、水を栗が覆われる量まで入れる。
  3. 電子レンジで500Wで6~8分加熱する。
  4. 冷めたら、栗を取り出し皮を剥く。

茹でた栗の方が皮が剥きやすいため、少量の場合はこの方法が推奨されます。

栗の茹で方と保存時の注意点

栗を茹でて保存する際には、以下の点に注意が必要です。

  • 栗は暖かい場所に置くと腐りやすいので、涼しい場所で保存する。
  • 剥いた栗は金属製のボウル以外に入れる。
  • 栗に残る渋を取るために、2~3回洗って水が濁らなくなるまで繰り返す。
  • 剥いた栗は24時間以内に調理すること。

渋が残っていると苦味が出るので、栗料理の味を損なわないよう、しっかり洗ってアクを取ることが大切です。

長時間の茹でと栗の品質への影響

栗を長く茹で過ぎると、皮剥きの際に崩れやすくなり、乾燥してしまうリスクがあります。このような状態の栗は、栗ご飯に使うのが難しくなり、もっちりとした質感も損なわれます。適切な茹で時間を心掛けることが大切です。しかし、万が一茹で過ぎてしまった場合でも、他の料理に使って活用することが可能ですので、無駄にせずに工夫しましょう。

生栗を剥いてからの茹で方

剥いた生の栗をそのまま茹でると、栗が崩れやすくなり、また風味も減少します。そのため、剥いた生栗は直接栗ご飯などの料理に使うことを推奨します。生のまま使うことで、栗特有の成分を最大限に保ち、より美味しく楽しむことができます。

栗むき器の活用

栗の皮を手で剥く作業は時間がかかり、手間もかかります。市販されている栗むき器はこの作業を簡単にしてくれます。貝印やニトリ、100円ショップなどで様々なタイプの栗むき器が販売されており、ペンチタイプや切り込みを入れるタイプなどがあります。これらを利用することで、栗の皮を素早く、手軽に剥くことが可能です。作業時間を短縮したいときには、栗むき器を使うのがおすすめです。

「ためしてガッテン」流、栗の茹で方と時間節約のコツまとめ

秋は栗が特に美味しい時期ですが、下処理には少々手間がかかるもの。多くの場合、栗の皮を剥く前に一晩水に浸す必要があり、これが栗料理を敬遠する理由の一つになっているかもしれません。

ですが、お湯を使う方法を取り入れることで、作業時間を短縮し、皮剥きも簡単になります。秋は美味しい食材が満載の季節です。旬の栗を使った料理で、心もお腹も満たされる幸せな時間を過ごしてみてはどうでしょう。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!