ゲーム PR

「きつい罰ゲーム」をテーマにした楽しいチャレンジ集

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

今回の記事では、「きつい罰ゲーム」をテーマにした心躍る楽しいチャレンジをご紹介します。

楽しい時間をより豊かにするためには、適度な刺激が不可欠です。心理的、また身体的に挑戦的な要素を含みつつも、適切に楽しむことが大切です。

刺激的なチャレンジを行う際は、注意点を心に留めておいてください。

それでは、記事の内容を見ていきましょう。

安全を考慮した罰ゲーム、楽しいチャレンジのガイドライン

危険行為は厳禁

チャレンジにおいては、何よりも安全が最優先です。面白いからといって怪我をすることは避けましょう。

例えば、一気飲みは定番のチャレンジかもしれませんが、健康上のリスクが伴うため控えるべきです。

周りへの配慮を忘れずに

他人に迷惑をかける行動は避けましょう。

例えば、「負けたら道路で寝る」などのチャレンジは、通行の妨げになるだけでなく、周囲の人々の視線も冷たくなります。

下品な内容は控える

下品な冗談は、場の雰囲気を悪くすることがあるため、避けるべきです。

また、チャレンジは公平であるべきです。争いを避けるために、くじ引きなどの方法を利用することをお勧めします。

心を動かす刺激的な罰ゲームにチャレンジ

次に、楽しくて簡単で、スリルも味わえるチャレンジをご紹介します。学生から社会人まで、多くの人々が楽しめる内容です。

さあ、心理的に刺激的なチャレンジから始めましょう。

語尾変更チャレンジ

この簡単で面白いチャレンジでは、語尾を「~にゃん」や「~ごわす」などに変更してみます。

恥ずかしさや刺激度は、どれだけ長く続けるかによって調整できます。

免許証、証明写真公開チャレンジ

これは、いつもは見せない証明写真の面白さを活かしたチャレンジです。通常は公開しないような写真を見せ合うことで、楽しいひとときを過ごせます。

免許証は大体変な写りになることが多いので結構盛り上がりますよ!

SNSでの個性的な投稿チャレンジ

今や多くの人が利用するSNSで、普段は試みないようなユニークな投稿に挑戦してみましょう。

大げさな自撮りや、ちょっと恥ずかしい詩のような投稿など、新しい自分を表現してみてください。

普段SNSを使わない人ほど、このチャレンジでのインパクトは大きいですよ。特にお酒を楽しんでいる時などは、より大胆な投稿が生まれるかもしれません。

家族にサプライズで感謝の電話

思いがけない感謝の気持ちを家族に伝えるために、急に電話をかけてみるのはどうでしょうか。

通話はスピーカーにして、周りの人も会話を聞けるようにします。

ただし、家族関係が難しい場合は、別のチャレンジを選ぶことも念頭に置いておきましょう。

財布の小銭を全額寄付

少々の金銭的な負担はありますが、持っている小銭をすべて寄付に回すのも一考です。

特に500円玉が多い場合は心が痛むかもしれませんが、善意の行いと考えれば心も晴れやかになるでしょう。

知らない歌を全力で歌う

カラオケや他人に迷惑をかけない場所で、普段聴かない歌に挑戦してみませんか?

リズムやテンポが崩れがちですが、それがまた楽しさを増します。

ただし、長くなりすぎると周りが飽きる恐れがあるので、サビまでに限定するのが良いでしょう。

一人でホラー映画を観る

笑いはありませんが、深刻な挑戦として、暗闇の中で一人ホラー映画を見るのはいかがでしょうか。ただ、時間が長いので、実施するタイミングには注意が必要です。アメリカではかつて、「エクソシスト」を一人で見ることがチャレンジとして流行りました。

刺激的な罰ゲーム、身体チャレンジ

次に、身体に刺激を与えるチャレンジを紹介します。人が少し苦しむ様子は、なんとなく面白いものですよね?

心理的なチャレンジとは異なり、お酒が入っていない状態で楽しむことができるので、日常の友人たちの集まりにもぴったりです。痛みが伴うチャレンジでも、安全第一で楽しむことができ、普段のゲームに新たな刺激を加えることができます。

デコピンチャレンジ

これは非常にポピュラーなものです。それほど痛みはないので、集まりの中で最も体格の良い人が行うと盛り上がるでしょう。

輪ゴムチャレンジ

腕に輪ゴムを巻いて、引っ張って放す、あのチャレンジです。輪ゴムが1本だとたいしたことはないですが、数を増やしていくと、かなりの痛みを伴います。

特に、マリオパーティーやスマッシュブラザーズのような、短時間で勝敗が決まるゲーム中におすすめです。負けるごとに輪ゴムを増やし、最も負けた人が輪ゴムを引っ張って放します。敗者ほど痛みが増すので、ゲームがよりスリリングになります。

筋トレチャレンジ

筋トレ系のチャレンジもまた定番です。すぐには痛みを感じないかもしれませんが、次の日に筋肉痛が残ることも。以前、友達と巨大すごろくを作って遊んだ際に「室内で5000歩歩く」というマスを設けました。これに挑んだ友達は、「シンプルだけどきつい」と汗だくになりながら話していました。巨大すごろくを作る際には、このようなチャレンジを加えてみてはいかがでしょうか。ただし、運動が得意な人には、罰ではなく楽しいことになるかもしれません。

ケツバットチャレンジ

年末番組でお馴染みだったチャレンジです。ただし、本当にバットで叩くと危険なので、柔らかいスリッパなどで行うのがオススメです。これは短時間で勝敗が決まるゲームの罰ゲームに最適です。

激辛チャレンジ

これも定番の罰ゲームです。ロシアンたこ焼きのような、激辛フードを提供する居酒屋もあるので、利用すると手軽です。辛いものが苦手な人は一口だけ挑戦するなど、好みに合わせて調整して楽しんでみてください。

個人的なオススメは韓国のインスタントラーメン・ヘクブルダックです。辛いもの好きな友達によると、「辛さ以上のより痛みを伴う」という評価です。

辛いものに自信のある人は、このチャレンジを試してみるのも良いでしょう。ただし、翌日の影響も考慮して挑戦することをお勧めします。

数量限定 セット品 ノーブランド品 詰め合わせ セット商品
¥4,980 (2024/01/03 15:31時点 | Amazon調べ)

鼻毛ワックスチャレンジ

一時期、動画投稿者の間で流行ったこのチャレンジは、鼻毛をブラジリアンワックスで一気に抜くものです。鼻毛を抜いた経験のある人なら分かるでしょうが、これはかなりの痛みを伴います。一本だけでも涙が出るほどなので、一度に抜くとかなりの反応が期待できます。

しかし、痛みが強いため、このチャレンジは慎重に使いたいもの。あまりにも強い痛みは、その後の楽しい時間にも影響を及ぼす可能性があります。イベントの終わりごろに実施するのが最適でしょう。

地味だけど面倒できつい罰ゲーム

次に、恥ずかしくもなく、痛くもないが、地味に面倒な罰ゲームをご紹介します。これらの罰ゲームは、その場での盛り上がりよりも、長期的にじわじわと効いてくるものです。

SNSプロフィール変更チャレンジ

これは手間はかからないものの、けっこう面倒な罰ゲームです。普段使っているSNSのプロフィール名やアイコンを変わったものに変えてみましょう。期間を3日から1週間に設定すると、じわじわ効果があります。

この罰ゲームは、受けた人からのメッセージが来る度に、変わった名前や写真にちょっと笑ってしまうものです。ただ、仕事関係の人とのやり取りに影響が出る場合は避けるか、SNSを選んで実施しましょう。

一週間の階段だけチャレンジ

この罰ゲームは、受けた人が一週間エレベーターやエスカレーターを使わず階段だけを使用するものです。当人の健康にも良いので、試してみる価値はあります。

こうした〇〇禁止ルールは、飲み会やイベント中にも、言葉や飲み物の選択など、さまざまな形で楽しめます。自分たちだけのユニークな〇〇禁止を見つけてみてください。

挑戦的な罰ゲーム集まとめ

ここで紹介した罰ゲームで、あなたの飲み会や友人たちとの集まりがより楽しくなれば幸いです。でも、罰ゲームは自由な発想で楽しむもの。リストにないものでも、自分たちで考えてみるのが肝心です。

ただし、以下の3つのルールは守ってくださいね:

  • 命に関わることはしない
  • 周囲に迷惑をかけない
  • 下品すぎる内容は避ける

楽しい罰ゲームライフをお過ごしください!

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!