グルメ PR

くら寿司で別々の支払い方法:賢い割り勘のコツ

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

くら寿司は多くの方々に愛されている場所です。家族との外食ならスムーズですが、友人や職場の人たちとの食事では支払いに少し戸惑うこともあるでしょう。

友人間では、自分の食べた分を精算することに抵抗がないかもしれませんが、あまり親しくない方とは金額の話を細かくするのが気が引ける場合があります。食後に一人一人の支払いを計算するのは面倒ですよね。

そんな時、最初から個別に精算できたらどんなに楽でしょうか。

では、くら寿司での個別精算は可能なのか、そして割り勘はどうなのか?

最近では、セルフレジの導入などの理由で個別精算や割り勘が難しいとされています。

しかし、まだ方法はあります。くら寿司での個別精算や割り勘のテクニックについて見ていきましょう。

くら寿司での個別精算は基本的に難しい

多くのくら寿司店舗ではセルフレジが導入されており、通常は個別精算ができない状態です。

しかし、例外的に店員さんに直接お願いできる店舗も存在します。個別精算を希望するなら、事前に店舗に確認してみるのが良いでしょう。

カウンター席なら個別精算が実現可能

もし2~3人の小さなグループであれば、テーブル席ではなくカウンター席を選ぶことで個別精算が可能です。

カウンター席は元々個人利用を想定して設計されているため、各席に伝票があり、別々に注文することで自動的に精算が分けられるのです。

くら寿司で割り勘する際のポイント

くら寿司では、通常、個々の支払いや割り勘は設定されていません。それでも割り勘を望む時は、全員が支払いを済ませた後で、総額を人数で等分するのが最も手っ取り早い方法です。

割り勘をする上で、完璧に割り切れないケースもあります。そんな時、どのようにして端数を処理しますか?ここで、割り勘の際の計算方法をご紹介します。

例として、10000円を3人で割りたい場合:

  1. 10000÷3 = 3333.333… となります。
  2. この場合、小数点以下を切り上げ、その数を人数で掛け合わせます。
  3. 3334×3 = 10002 となり、2円の余剰が生じます。この2円は、3人の中で2人が1円ずつ少なく支払う形になります。
  4. 結果、1人は3334円、2人は3333円を支払います。 この方法を覚えておけば、任意の金額を人数で分割する際にも役立ちます。

くら寿司での支払い方法のまとめ

くら寿司では別会計や割り勘が基本的には設定されていないことがわかります。しかし、カウンター席を利用する場合は、別会計が可能になる場合もあります。

他の回転寿司チェーンでは、スシローのように店員に直接依頼すれば別会計や割り勘が可能です。また、はま寿司では店舗により異なるため、事前の確認が必要です。

回転寿司での別会計や割り勘が難しいと感じるかもしれませんが、クーポン利用のルールや、混雑時の効率性など、様々な理由があります。

結局のところ、速くて安くて美味しいお寿司を求めるならば、会計の制約は小さな問題かもしれません。回転寿司での食事を楽しみたいなら、これらの点を理解しておくと良いでしょう。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 trend newsにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!