お困りごと PR

毛玉になりやすい素材となりにくい素材:洗濯時の毛玉防止方法

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

何度か着ただけでお気に入りの洋服が毛玉になるという話はよくあります。特にセーターやマフラーのようなニット製品では毛玉が目立ちますね。

毛玉ができてしまうと、好きなデザインの服も台無しになってしまいます。オンラインで洋服を購入する際、この問題に何度も直面しました。

「なぜ毛玉ができるの?」と洋裁を趣味にしている母に尋ねたところ、毛玉になりやすい素材の服を選んでいるからだと教えてもらいました。それ以来、オンラインでも店舗でも、購入前には必ず素材をチェックするようにしています。

毛玉は、摩擦によって素材が擦れ合い、繊維が絡み合ってできます。そのため、毛玉ができやすい素材の服を着ると、毛玉ができてしまうものです。

今回は、毛玉になりやすい素材、毛玉ができた際の除去方法や注意点についてご紹介します。

毛玉になりやすい素材

動物性の素材は基本的に毛玉ができにくいですが、化学繊維との混合により毛玉ができやすくなります。ここでは、化学繊維と合成されると毛玉ができやすいものを紹介します。

動物性の素材ランキング

  1. アンゴラ: アンゴラウサギから採取。中心が空洞の長い繊維で、軽くて保湿性に優れています。
  2. ラムウール: 5〜7ヶ月齢の仔羊から刈り取る。細い繊維で光沢があり、しなやかで保湿性が高いです。
  3. カシミヤ: カシミヤ山羊からの羊毛。光沢と滑らかな手触り、保温性と保湿性に優れています。
  4. キャメル: モンゴルの二峰ラクダからの原毛。細くて長い高品質な繊維は、吸湿性と放湿性に優れ、常に乾燥した状態を保ちます。
  5. ウール: 羊の羊毛。冬は暖かく夏は涼しく、シワになりにくく汚れにくい。また吸湿性に優れています。

以上が、化学繊維と合成されると毛玉になりやすい動物性素材です。天然繊維は自然に毛玉が落ちることが多いですが、化学繊維と混合されていると毛玉ができやすくなります。

化学繊維の素材の特徴と種類

  1. アクリル: ウールに似た感触で柔らかく、シワになりにくい。洗濯に強く、縮みに強い特性を持つ。
  2. ポリエステル: 耐久性が高く、洗濯に強い。縮みや色褪せに強い。
  3. レーヨン: シルクのような肌触りで、軽やかで柔らかい。

合成繊維は手頃な価格で入手しやすいですが、毛玉ができやすい傾向にあります。

動物性素材と比べて、化学繊維は毛玉ができやすく、特にポリエステルとウールの組み合わせは注意が必要です。両者は強い繊維なので、合成された場合、毛玉の発生が促進されます。

毛玉になりにくい素材の特徴

動物性素材の中でもアルパカやモヘアは毛玉になりにくいですが、価格はやや高めです。毛玉に強いとはいえ、化学繊維の割合が多いと毛玉のリスクは上がります。

植物性素材のコットンや麻、シルクは短い繊維のため毛玉になりにくいですが、これらは一般に暖かい衣類にはあまり使われていません。涼しい素材のイメージが強いですが、化学繊維と混合されると毛玉ができやすくなります。

毛玉ができにくいニットをあらかじめ購入するのも一つの手ですね!

毛玉の除去方法と注意点

毛玉を見つけると直感的に取り除きたくなりますが、これは生地を傷める原因になります。

毛玉は自分で直接取らないようにしてください。

毛玉取り器や毛玉取りブラシを使用することをお勧めします。

毛玉取り器の種類

電動毛玉取り器:

充電式と電池式があり、大きな洋服の毛玉に便利。しかし、ニットのような長い毛の衣類には、余分な繊維まで取ってしまうことがあるため注意が必要です。

毛玉取りブラシ:

ブラッシングするだけで毛玉を取り除ける。長い繊維の衣類にも安心して使えます。長持ちさせたい洋服には、専門メーカーのブラシを推奨します。

毛玉を取る前に、ブラシで洋服の繊維を逆撫でしておくと、繊維を傷めずに毛玉を取り除くことが可能です。

KURAZO よろずやくら蔵 楽天市場店
¥3,190 (2024/06/12 16:58時点 | 楽天市場調べ)

洗濯で毛玉を防ぐコツ

毛玉は摩擦によって生じるため、通常の洗濯方法を見直すことが大切です。

手洗いが最も効果的な方法です。私は母に教えてもらった方法で、大きなバケツや洗面器を使って、洋服を優しく押し洗いすることを実践しています。この方法では、洋服を長持ちさせることができ、毛玉も防げます。

最近は、洗濯機使用可能と表示された衣類も多くあります。洗濯機を使用する際は、洗濯ネットに入れたり、衣類を裏返して洗うことをおすすめします。また、短い洗濯コースを選ぶと良いでしょう。

洗剤選びも重要です。通常の洗剤よりも、デリケートな衣類用洗剤の使用が望ましいです。

毛玉になりやすい素材のまとめ

動物性の素材は基本的に毛玉ができにくいですが、化学繊維との混合により毛玉ができやすくなります。この記事では、化学繊維と合成されると毛玉ができやすいものを紹介しました。

愛用の衣類が毛玉になると残念な気持ちになります。毛玉を防ぐためには、日常的なブラッシングやケアが重要です。これにより、お気に入りの衣類を長く楽しむことができます。

また、新しい衣類を購入する際は、その素材をチェックすることが大切です。お気に入りの衣類に適切なお手入れを施して、長持ちさせましょう。

ABOUT ME
yukai
こんにちは! 管理人のyukaiです。 アンテレにお越しいただきありがとうございます。 このブログは、日々気になっている情報を発信しているブログです。 気軽に読んでいただければ幸いです!

error: Content is protected !!