プロ野球 PR

柳田悠岐の2023年通算ホームラン・打率・出塁率の成績ペースを比較検証

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

みなさんこんにちは!

今回は福岡ソフトバンクホークスに所属している柳田悠岐選手のホームラン、打率、出塁率について詳しく調べてみました!

通算成績も絡めながら柳田選手の魅力が伝わればと思いますのでぜひ最後まで読んでいただければと思います!

引用元

柳田悠岐の2023年通算ホームランは?

結論から申し上げますと、柳田悠岐選手の通算本塁打数は260本となっております。

プロ13年目で260本の本塁打を放っている上に、ケガをしていた年もある中でこちらの本数は立派です!

20本塁打以上を記録したのが7シーズンあり、うち3シーズンは30本塁打以上を記録しています!

2024年シーズンは7年契約の5年目を迎える中で、キャリアハイの40本塁打を達成すれば通算300本塁打に手が届く形となります!

※以下、年度別本塁打数
2011年 0本
2012年 5本
2013年 11本
2014年 15本
2015年 34本
2016年 18本
2017年 31本
2018年 36本
2019年 7本
2020年 29本
2021年 28本
2022年 24本
2023年 22本

今後の展望ですが、柳田選手は2019年オフに7年契約という超大型契約を結びました。

つまり、契約が切れるまではあと2026年まで3シーズン残っており、この3年だけでも80〜90本近くまだまだ量産できる可能性はあります!

ただ、ケガや年齢による衰えも考慮しなければならないのが現実的です。

契約最終年となる2026年には柳田選手ら38歳となる年です。

しかし、35歳で迎えた2023年シーズンも20本塁打以上を達成しており、もはや柳田選手に年齢による衰えは通用しないのかもしれません!

これから何歳まで、そして何本ものホームランを打ってくれるか楽しみですね!

引用元

柳田悠岐の2023年打率・出塁率の成績ペースを比較検証!

続いて柳田選手の2023年の打率、出塁率について調べてみました!

まず打率ですが、2023年シーズン終了時点で.313です!

通算でこの打率ですので、かなり高い部類に入ります!

※以下、年度別打率
2011年 .000
2012年 .246
2013年 .295
2014年 .317
2015年 .363(首位打者)
2016年 .306
2017年 .310
2018年 .352(首位打者)
2019年 .289
2020年 .342
2021年 .300
2022年 .275
2023年 .299

どうしても柳田選手にはフルスイングのイメージがあり、打率を残すタイプでは無いのでは?という考えを持つ人もいるでしょう。

しかし、柳田選手はもちろんフルスイングが多いのですが意外にも当てに行く打撃が上手いのも事実です。

フルスイングしかしないというイメージで投球をしていると柳田選手の術中にはまってしまいます。

そんな意外なコンタクト率の高さが、柳田悠岐選手の打率を高くしている要因かもしれません。

 

続いて、柳田選手の出塁率について調べてみました!

2023年シーズン終了時、柳田悠岐選手の通算出塁率は.409です!

こちらもかなり高い部類となっております!

また、2015年から2018年には最高出塁率のタイトルを4年連続で獲得しております。

この時期の野球ファンにとって柳田悠岐選手は「いつ見ても塁に出ている」という印象であることは間違い無いでしょう!

※以下、年度別出塁率
2011年 .000
2012年 .300
2013年 .377
2014年 .413
2015年 .469(最高出塁率)
2016年 .446 (最高出塁率)
2017年 .426 (最高出塁率)
2018年 .431 (最高出塁率)
2019年 .420
2020年 .449
2021年 .388
2022年 .344
2023年 .378

このように柳田悠岐選手の出塁率が高い要因として、四球による出塁が考えられます。

2015年にトリプルスリーを達成したあたりから、柳田悠岐選手に対する攻め方が変わりました。

勝負をする場合は執拗なインコース攻めが増えたことにより、デッドボールが増えるようになりました。

反対に、状況によっては柳田選手との勝負を避ける投手が増え、フォアボールが上手いも急増しました。

加えて、柳田悠岐選手の持ち前の選球眼で勝ち取るフォアボールも増え出塁率が上がっていくという状況に至ります。

引用元

まとめ

今回は柳田悠岐選手の本塁打数、打率、出塁率について詳しく調べてみました!

今後の展望として、年齢による衰えに負けず、まだまだ成績を残す可能性もあります!

かつてトリプルスリーを達成した柳田選手が、ここからどんなパフォーマンスを見せてくれるか非常に楽しみですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

error: Content is protected !!