未分類 PR

大谷翔平の2023年の年俸はいくら?デビューから現在までの推移も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!

今回は日本屈指の、いや、世界屈指の選手となった二刀流戦士、大谷翔平選手の年俸にフォーカスして紹介します!

是非最後までご覧下さい!

引用元

大谷翔平の2023年の年俸はいくら?

大谷翔平選手の2023年の年俸は43億円と推定されています!
2023年オフにFA権を取得し、2024年の年俸は大谷選手を獲得したい球団がどんどん年俸を積んで交渉されると予想されます。
おそらくMLBでもトップクラスの年俸に跳ね上がるのではないかと考えられます!

引用元

大谷翔平の年俸、デビューから現在までの推移を紹介

2013年
13登板 3勝0敗 4.23
77試合 3本 20打点 4盗塁 .238
年俸 1500万→3000万

2014年
24登板 11勝4敗 2.61
87試合 10本 30打点 1盗塁 .274
年俸 3000万→1億

高卒ルーキーとしては異例の待遇で入団した大谷選手。

いきなりプロ初勝利、二ケタ勝利、二ケタ本塁打を達成し、年俸はⅡ年目オフの時点で1億円を達成しました。

こちらは史上最速記録となります。

2015年
22登板 15勝5敗 2.24
70試合 5本 17打点 1盗塁 .202
年俸 1億→2億
獲得タイトル…最多勝、最優秀防御率、最高勝率、ベストナイン

2016年
21登板 10勝4敗 1.86
104試合 22本 67打点 7盗塁 .322
年俸 2億→2億7000万
獲得タイトル…MVP、ベストナイン

プロ3年目には既にチームの中心選手となった大谷選手。

同僚の中田選手と3.4番のコンビを組むことが多かったことから「平成のON砲」と呼ばれました。

2015年には投手タイトルを獲得し、2016年はチームの日本一に大きく貢献しました。

特に2016年は二ケタ勝利と二ケタ本塁打を同時に達成しました!

2017年
5登板 3勝2敗 3.20
65試合 8本 31打点 0盗塁 .322
年俸 2億7000万→54.5万$(約6100万)

2017年はケガの影響で出場を大きく減らしました。

しかし、この年のオフメジャー挑戦を表明。

年俸こそ大きく減らしますが夢への挑戦をスタートさせました。

2018年
10登板 4勝2敗 3.31
104試合 22本 61打点 10盗塁 .285
年俸 54.5万$(約6100万)→65.5万$(約7860万)
獲得タイトル…新人王(MLB)

2019年
登板なし
106試合 18本 62打点 12盗塁 .286
年俸 65.5万$(約7860万)→70万$(約7300万)
※コロナの影響により2020年シーズンの試合短縮のため、年俸は37%分(約2700万)へ減額となる

2018年には打者としての才能が開花し、いきなり新人王を獲得。

2019年はケガの影響で打者専念のシーズンとなりましたが及第点とも言える成績で年俸アップを勝ち取りました。

2020年
2登板 0勝1敗 37.80
44試合 7本 24打点 7盗塁 .190
年俸 70万$(約7300万)→300万$(約3.1億)
※2021年から2年総額850万$で契約。

2020年はコロナ渦で60試合と短縮されたシーズンでしたが現時点ではワーストの成績となってしまいました。

2021年
23登板 9勝2敗 3.18
158試合 46本 100打点 26盗塁 .257
年俸 300万$(約3.1億)→550万$(約5.7億)
獲得タイトル…MVP(MLB)
※2年総額850万ドルで契約の2年目

2022年
28登板 15勝9敗 2.33
157試合 34本 95打点 11盗塁 .273
年俸 550万$(約5.7億)→3000万$(約43億)

ついに二刀流の才能が開花しました。

2021年からの2年契約期間中、投手でも打者でもどちらも破格の成績を残し、世界を代表する選手になりました。

2021年にはMVPを獲得し、2022年にはキャリアハイとなる15勝を記録しました。

2023年
23登板 10勝5敗 3.14
135試合 44本 95打点 20盗塁 .304
年俸 3000万$(約43億)→?
獲得タイトル…本塁打王(MLB)

2023年はさらに飛躍した年となり、ついに日本でも獲れなかった本塁打王を獲得。

さらに10勝も達成し世界中が賞賛したシーズンとなりました。

また、WBCでは「憧れるのをやめましょう」という名言も飛び出し、日本で流行語となりました。

また、FA権を取得し、2024年の動向が要注目されています。

引用元

まとめ

ここまでは大谷翔平選手の年俸の推移についてまとめました!

プロ1年目から賛否両論されていた二刀流を、日本でもアメリカでも成功させたまさにスーパースター、大谷翔平。

WBCで日本の一員として戦ったときは「大谷翔平が味方にいるの、心強すぎるだろ」と正直思ってしまいました。

2024年は所属チームから注目される1年となりそうですので今後の大谷選手の動向に要注目です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!