プロ野球 PR

村上宗隆の2023年の年棒はいくら?デビューから現在の推移も!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは!
今回は最年少での三冠王獲得、WBCでの準決勝メキシコ戦の「アレ」でお馴染みの村上宗隆選手の年俸や成績について調べてきました!

ぜひ最後までお読みください!

引用元

村上宗隆の2023年の年棒はいくら?

村上宗隆選手の2023年の年俸は6億円(推定)です。
まだ24歳にも関わらずなんと6億円プレイヤーとなっております!
2022年には最年少で三冠王を達成し、達成したことがあり、野球ファンなら誰もが知っているほどの知名度ですね!

引用元

村上宗隆のデビューから現在の年棒の推移も!

ここからは村上宗隆選手の学年の成績と年俸の推移をまとめましたのでご覧ください!

2018年 6試合 .083 1本 2点 0盗塁
年俸 720→800万(いずれも推定)

ルーキーイヤーとなった2018年は主に2軍での実戦経験を積みました。
2軍では.288 17本と高卒ルーキーとしては圧倒的な成績を残し、2軍でやることはないとも言われていました。
終盤に1軍に昇格するといきなりプロ初ホームランを記録。
多くのヤクルトファンが今後の村上選手を楽しみにせざるをえませんでした!
年俸も80万アップといきなりアップ査定を勝ち取りました。

2019年 143試合 .231 36本 96点 5盗塁
年俸 800万→4500万(いずれも推定)
獲得タイトル:新人王

2019年は19歳のシーズンながら全試合に出場、本塁打も36本記録するなど圧倒的なシーズンを過ごしました。
打点も1000打点間近まで迫るなど19歳とは思えない成績を残しています。
打率こそ.231 三振も多かったですが、高卒プロ2年目には十分すぎる成績で新人王のタイトルを獲得。
年俸も6倍近い4500万円でサインし、来季以降の飛躍が期待されました。

2020年 120試合 .307 28本 86点 11盗塁
年俸 4500万→1億円(いずれも推定)
獲得タイトル:最高出塁率、ベストナイン

前年課題だった打率も3割を超える成績を残し見事に克服。
本塁打こそ減りましたが、高卒3年目とは考えられない見事な成績を残して遂に1億円プレイヤーとなりました。
高卒3年目での1億円プレイヤーは史上初です。
タイトルも最高出塁率とベストナインを初受賞。
チームに欠かせない存在となりました。

2021年 143試合 .278 39本塁打 112打点 12盗塁
年俸1億円→2億2000万円(いずれも推定)
獲得タイトル:本塁打王、MVP、ベストナイン

2021年も全試合出場し、初の本塁打王を獲得。
また、初の100打点を達成しますます成長したシーズンとなりました。
チームの優勝、日本一に貢献しMVPにも選ばれました。
また、東京オリンピックでは日本代表に選ばれ金メダル獲得に貢献しました。
決勝戦となったアメリカ戦では本塁打を放つなど日本代表の一員として立派な成績を残しました。
年俸も倍以上となる2億2000万円でサインしました。

2022年 141試合 .318 56本 134点 12盗塁
年俸2億2000万円→6億円(いずれも推定)

獲得タイトル:首位打者、本塁打王、打点王、最高出塁率、MVP、ベストナイン
ついに2022年、三冠王を獲得しました。
56本塁打は日本人最高を長らく記録していた王貞治選手の55本を超える形に。
打点も134打点を記録し、松中信彦選手以来の三冠王を獲得しました。
チームの連覇にも大きく貢献し、オフにはテレビなどのメディアで見ない日はないという印象を持った方もいらっしゃるのではないのでしょうか。

2023年 140試合 .256 31本 84点 5盗塁
年俸6億円→?(いずれも推定)

2023年開幕前、WBC日本代表に選ばれた村上選手。
日本の4番として期待されましたがまさかの大不振。
しかしその中でも準決勝メキシコ戦でのサヨナラタイムリーで国民を歓喜させた中でのシーズンインでした。
まさかの春先は大不振で打率も2割を切る日もありました。
チームも浮上のきっかけを掴めないまま5位でのフィニッシュとなってしまいましたが、終わってみれば打率こそ下がりましたが30本塁打以上放ちホームランランキング2位を記録。
WBC疲れが懸念される中最低限の成績を残したと言えるかもしれませんが、年俸が上がるということはほぼないと言えるでしょう。
2024年シーズンの王座奪還へ村上選手の復活は不可欠です。

引用元

まとめ

ルーキーイヤーからインパクトを残し続けている村上選手。
同世代でアマチュア時代に大きく注目された日本ハムの清宮幸太郎選手を凌ぐ勢いです。
2023年はWBC疲れもある中で成績が落ち着いてしまいました。
どうしても三冠王を獲得したなどのインパクトが強すぎて、野球ファンのハードルが高くなってしまっているという事実もあります。

実際、ベイスターズファンの私からしたら2023年の村上選手の成績を残してくれる選手がいたらこれ以上の嬉しさはありません。
2024年シーズンの奮起に期待しています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

error: Content is protected !!